« 2013年02月20日(水)のつぶやき | トップページ | 上田城も早く… 上田市 ストリートビュー »

2013年2月21日 (木)

50℃洗い地場産の野菜は美味しいぞ~ 上田市

50℃洗い地場産の野菜は美味しいぞ~ 上田市

画像は群馬産長ネギです。「ねぎま串用」  

鍋用は信州産の泥つきネギが甘くいいですね。

Dsc07645    Dsc07646

完熟トマトは甘味強く美味しいですね。 もちろん、地場産ですよ。

かぶらやのツマはキャベツ(レットキャベツ・人参・カイワレ)の千切りを使用。

Dsc07761       Dsc07629

実は損をしてるかも!?野菜の栄養を逃さず、美味しく食べる方法

50℃洗いの方法・効果で注目される低温蒸しです。
スチーミング調理技術研究会代表の平山一政氏が発見。低温で蒸すことは、
食物の酸化を最小限に抑え、栄養価や旨み成分を閉じ込めることが出来る最も効果的な加熱方法。

低温蒸しレシピー野菜
野菜に含まれる酵素は50度くらいで働きを失うが、

この程度の低温でサッと洗って低温で蒸すと
野菜の新鮮さや食感がよみがえり、美味しく食べられるそうです。

酵素やビタミンCなど熱で
壊れやすい栄養素もあるが、このように湯がいたりする程度なら栄養素の損失も少ない。
ただ、
「50度洗い」の効果を実証する研究はまだ始まったばかりです。

これは「ヒートショック」という現象によるもので、
50度のお湯で表面の気孔が開き、そこに水分が入ることで新鮮な状態に戻るというものですが 平山一政様、これを政治家たるや先生にスチームバス室とやらを造り酸化防止対策にもお力を…

切に願う!!

50℃のお湯で食材を洗うことにより、食材の鮮度が蘇るという「50℃洗い」!
そんな「50℃洗い」に続き、「70℃蒸し」・「50℃づけ」などという
調理法もあるそうですよ。

まず「70℃蒸し」というのは、通常の蒸し料理は、100℃近い高温で蒸すのが
一般的ですが、それを70℃程の低温で蒸すことによって、アク等の余分な
成分は取り除きつつ、いろいろな栄養素やうま味成分は残してくれるので
食材本来のおいしさが味わえるのだそうです。

更に、この「70℃蒸し」にはメリットが!
この低温蒸しは、長時間蒸し続けても大丈夫ということなので、その場に
はりついていなくても失敗もなく、その都度タイミングよく美味しい食材が食べられる。

皆さんはもお試しあれ?

続く…。

ブログランキング ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ 

本日もお読みくださり有り難うございます(=^0^=)
また遊びに来てください!
明日も良い一日でありますよ…。

« 2013年02月20日(水)のつぶやき | トップページ | 上田城も早く… 上田市 ストリートビュー »

グルメ・クッキング食は文化」カテゴリの記事

鷄鴨料理(有)かぶらや

  • かぶらやHPへ

    ロゴ:鷄が集まる意味

    【Author:道宝】

    信州上田市鷄鴨料理かぶらや
    社中ココログブログへようこそ!(^o⌒*)/

    これも何かの御縁♪ 今日も良い日でありますように

    『鶏料理味も世一(与一)と
    評判はかぶら矢のごと
    鳴りひびくらむ』
                    光春

    光春先生が称讃し「かぶらや」と命名






参加ランキング

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

訪問者数:カウンター

  • 総 HP&ブログ現在閲覧者サイト

    HP・ブログ現在総閲覧者サイト
  • ココログカウンター
    ページランク
    直近1分毎のアクセス数
    現在総閲覧者数
    ココログブログ:12/8月より
    公式本館HP::02/9月より 
    公式更新HP:03/5月より
    かぶらや公式更新HP

    FC2ブログ:12/3月より
    bloggerブログ:12/6月より
    ウェブリブログ:12/8月より
    seesaaブログ:12/10月より
    gooブログ:12/7月より
    yahooブログ:12/6月より

フリーエリア

  • 動画YouTube
    上田市鷄鴨料理かぶらや 鶏の内臓レバー・心臓・砂肝 下処理の仕方
    上田市鷄鴨料理かぶらや 手羽先の加工細工の仕方
  • 上田市 今日の様子
    上田市のピンポイント天気
    上田城跡公園櫓門
    ライブ中継カメラ

    信州上田観光情報 祭り・イベント

    無料ブログはココログ